転職理由を考える

転職の理由を考えるというのはなかなか難しいし、そもそも転職したいと思った理由が今の職場よりも仕事が自分に合っているという理由で転職するだけというわけでもない。今の仕事が苦痛で仕方なく、転職先の会社の求人もどうなるかは不透明で、結局は逃げ出したいという理由もなくはないと思う。

さて、なんとかポジティブな方法で転職というのはできないものか。よく考えると自分が転職ということになってみて理由がネガティブなものばっかり…というふうにならないように、今の職場の仕事なり人間関係なりをうまくしていく方法も大切になってくる。

例えば仕事は一人ではできない。会社というものが組織的に人がたくさんいて、みなの協業により成り立っているということであれば尚更自分ワンマンで仕事なんてできないので、必然的に対ヒト、コミュニーケーション能力が重要になってくる。言うべきことは言って、言わなくていいことは言わないというのも大事である。時に「沈黙は金」という言葉もあたっているところを実感するときもある。

さて、そんなふうにコミュニーケーション能力を持って仕事にあたっていると、いざ自分が転職となったときに少なくとも人間関係に悩んで会社を変えるということはしないのではないだろうか。仕事においてもコミュニーケーションによってまさに協業、協力してくれることもあると思うので、転職となれば話し合いの場では建設的な将来を考える議論ができるかもしれない。

エントリのタイトルは「転職理由を考える」であるが、最も大切なのはコミュニーケーション能力で、愛される人間になることも重要かもしれない。

This entry was posted in 職別の特色. Bookmark the permalink.