「化粧品販売」の特徴

化粧品販売ってどんなお仕事?

どんなところで作業をするの?

この仕事で代表的な場所といえば百貨店やデパートの1階でお店に入ってスグのエリアです。女性には必需品ですからどこでも一番目立つ場所で販売しています。この仕事は、購入者としっかりと話をしてから購入者が納得しないと商売が成立しません。納得させるには試しに少し利用したりします。使っていただくことで納得して頂くのです。それが購入へとつながるのです。

 

どんな人が働いているの?

化粧品売り場で働いている人は、化粧品の本質をしっかりと熟知している人です。お客様が来られた時に飲食店であればその人の好みや、その店で一番の売れ筋もしくは人気の商品を紹介すると思います。ですが化粧品販売ではそれに近いことは出来ても飲食店の様には出来ないのです。その理由は、お客様個人、個人の肌の性質の違いです。化粧品にも人によって肌に合う、合わないがあるのです。化粧品の本質を理解しつつ、お客様と話が出来る人が働いています。

 

他の仕事と違ったところって何?

ここの化粧品売り場では、セールというものは、基本的にはないのですが、その代わりに消費税分の景品を付加価値の意味も込めてお客様にお渡ししています。他には、購入して頂いた金額によって類似商品をお渡ししているサービスもしています。これらは他の店ではしていなくて当店だけがしているサービスです。

カテゴリー: 職別の特色   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク