「販売」の特徴

販売ってどんなお仕事?

どんなところで作業をするの?

物を売る仕事のことを販売といいます。物を売っている店で働いている人のことを販売員といいます。テレビのコマーシャルで「〇〇電気店」等のものがあると思います。その中に出てくる従業員の人達はほとんどが販売員です。その人達の仕事は販売です。他には、友人達とショッピングに行き新しい洋服を選んで買うことになる時にあなたの目の前にいるのは店の従業員で販売員です。している仕事は販売です。しかし飲食店では違います。商品を販売してはいますが販売員ではありません。商品を注文して運んでくる人のとこは、ホールスタッフといいます。

 

どんな人が働いているの?

販売の仕事をしている人は、周囲によく気が付く人のことです。周囲に気が散漫という分けではありません。周囲の動きを早い段階で敏感に察知できる人が働いています。

 

販売の求人に応募するには?

どんな資格がいるの?

販売の求人に応募する為に必要な資格という物はありませんが、何かの配達を頼まれないとも言い切れませんので車の免許位はあるほうが有利かもかも知れません。

 

この仕事をしている人の声

吉原鈴夏から皆さんへメッセージ

販売の仕事を始めて今年で4年目になるんですが、この仕事は楽しいです。しっかりとお客様に商品を紹介しているのに購入されない時は何がいけなかったのかと何度も考える時があります。日々、全く違ったお客様の対応をするので自分に徐々に免疫がついて最初の頃とは比べもにならない程に自分のレベルが上がったことが分かります。

カテゴリー: 職別の特色   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク