「スマホ作成」の特徴

スマホ作成ってどんなお仕事?

どんなところで作業をするの?

スマートフォンの作成をします。読んで字の如し。 ただ、それぞれの部品が集まってできているのがこのスマートフォンです。小さな基盤を作る中では、クリーンルームと言われる誇りや地理が一切はいらない環境の中で、まるで放射能の中で作業をする人なのか?と言うような防御服を来て作業を行っています。因みに、この基盤に少しでも静電気が走ると基盤が潰れてしまうので、作業の際にはTシャツ一枚のみ。そして、アース線をつけて作業をしているようです。 他にも、基盤を配置して組み立てていく。そういった部署もあり、たくさんのこうした部署を経て電器店に出荷されていくのです。

どんな人が働いているの?

おもに、パートで求人をみて応募している人が多いですね。他には派遣で働きに来ている人が多いです「リーマンショック」の時にはたくさんの人がこれで職を失いましたが、現在はアベノミクスの影響もあって結構求人も発注数も増えているので人手不足になりかけています。

他の仕事と違ったところって何?

立ち作業がメインというところですね。立ち作業でしているので、眠ってしまうなどということはあまり起きません。そして、足が温んだりしません。けど、足が棒になる用な感じで毎日「足がいてぇ~」ってなります。だから時々温泉地に行って足湯などでリフレッシュするようにしていますね。

カテゴリー: 職別の特色   タグ:   この投稿のパーマリンク