「新聞配達」の特徴

新聞配達ってどんなお仕事?

どんなところで作業をするの?

新聞配達の仕事は、新聞配達をする配達スタッフです。これは皆さんが思っているよりもとてもハードな仕事です。天候がどうであれ契約してくれているお客様のもとへ既定の時間にお届けしなければいけないからです。契約していただいているお客様の家に毎日朝と夕方ン新聞を運ぶのが仕事です。

 

どんな人が働いているの?

私は、ここで働き始めて今で2年目になります。この仕事を私より長い期間している人を知りません。一緒に働いている人達は、少し変わった人というか凄く個性的な人が多いです。個性的な人達の事を悪く言われる方もいますが、ここで働いている人は、皆さんが純粋な気持ちを持っている人達です。

 

他の仕事と違ったところって何?

新聞配達をしている限りどの会社で働いても同じだとは思いますが、ここの新聞社にしかないのではないかと思える部分があります。ここは、新聞社に配達が終って帰ると内勤のスタッフが、帰ってきた人、1人ひとりに「お疲れ様」と言ってくれます。中には「明日も頑張ってね」と次の日の為に力をくれる言葉をかけてくれるスタッフもいます。これは、他の仕事には無いと思っています。

 

この仕事をしている人の声

大原裕から皆さんへメッセージ

この仕事をしていて厳しいと思うのは、天候が本当に悪い日です。天候が悪くても配達はしますが、配達している私達も人間ですから危険な行動はなるべく避けて配達しています。出来る事もありますが、出来ない事もあるのです。

カテゴリー: 職別の特色   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク