「居酒屋の販売員」の特徴

居酒屋の販売員ってどんなお仕事?

居酒屋店での販売員の仕事は、ホールスタッフと同じです。自分が勤めている居酒屋のとの時のスペシャルを筆頭に販売して売り上げを上げていく仕事です。決して利益だけを追求して販売をするのではなくて、お客様にご来店して頂いた以上最高のおもてなしをするべくメニューから最高の物をオススメするのが販売の最初の仕事です。

 

どんなところで作業をするの?

誰もが一度は行ったことがある居酒屋のホールと呼ばれる場所です。通常の店では4~5人掛けのテーブルとイスが何セットかある広い場所があります。そこで作業をするのですが、そこだけではありません。店によれば2階があったり座敷があったりします。そこも作業場となります。

 

どんな人が働いているの?

男女均等にいます。年齢層は20代~3.40代位までの人が働いています。ですが基本的には若い年代層の人が中心です。3.40代の人は店長クラスの人だけです。

 

他の仕事と違ったところって何?

他の仕事と似ている部分はあるかも知れませんが、ここでは宴会が良く行われます。宴会と行っても結婚式の2次会のような大人数ではありませんが10人程度の人達が2組、3組同じフロアにいる時もあります。複数の人数を一度にまとめて接客するのが居酒屋です。

 

居酒屋の販売員の求人に応募するには?

どんな資格がいるの?

販売員の求人に資格は必要ありません。キッチンスタッフの場合は必要になる店があります。

カテゴリー: 職別の特色   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク