「販売」の特徴

販売ってどんなお仕事?

どんなところで作業をするの?

販売はどんな作業をするのでしょうか。販売の基本は商品を売ることです。だからどんな作業をするのかと聞かれれば商品を売る作業としか言いようがありません。作業は商品を売るのですが、販売している場所によっても作業風景は変わります。ただ売っている人もいれば、使う人の事を考えて販売している人もいます。販売する人の作業風景によって周囲に与える影響は全く違います。

 

どんな人が働いているの?

人と話すことが好きな人がしている確率は大きいです。引っ込み思案の人や非社交的な人は販売の仕事には向いていません。話すのが好きな人とオーバーアクションの人は販売の仕事をしている人は多いです。やはり「好きこそものの上手なれ」とあるように話すのが好き、人と関わりあうのが好きという人にはぴったりの仕事なのでそういうことが好きな人が働いています。

 

他の仕事と違ったところって何?

瞬間が大事ということです。長い時間のお付き合いではありません。買うものによっても違ってきますが、長い時間で勝負するという販売は数少ないと思います。販売は瞬間でお客様の気分を変えて購入して頂かなければいけないので瞬時の判断を他のどの職業よりも大事にするのです。

 

販売の求人に応募するには?

どんな資格がいるの?

販売員には特別な資格はありません。でも、急な配達などの業務が入るかも知れないので運転免許はし得していることをオススメします。

カテゴリー: 職別の特色   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク