「たこ焼き職人」の特徴

たこ焼き職人ってどんなお仕事?

どんなところで作業をするの?

たこ焼きの職人というのは簡単に言うとたこ焼きを焼いて作るのが仕事です。でも作るだけではありません。店によっても違いますが、話をしてお客さんの対応をしながら焼く店もあります。単純に言えば、美味したこ焼きをお客様の為に作る仕事をしています。その仕事とは、生地を作ることから始まります。店独自に調合した物が命の種となります。それにブツ切りにしたタコを入れて焼いていきます。

 

どんな人が働いているの?

関西では特に色々な人が働いていますが、大きくわけて2種類です。家業として代々しているのか個人が自分の力だけでしているのかの2種類です。

 

他の仕事と違ったところって何?

粉物屋は基本的にはお好み屋もたこ焼き屋も同じような感じです。

 

たこ焼き職人の求人に応募するには?

どんな資格がいるの?

資格はいりません。就職した店によっては、衛生管理士の資格などが必要可も知れませんがそういうことはないと思います。

 

どんな人を求めているの?

一番、求めているのは、たこ焼きが好きな人ですね。

 

この仕事をしている人の声

安村美保から皆さんへメッセージ

私の家は代々たこ焼き屋をしているんですが、20年前に比べてたこ焼き屋というもの自体が減ってきました。たこ焼きが関西の物として認められている今はまだ大丈夫だと思いますが同業者がどんどん減っている現状を私は悲しく思っています。

 

安村賢二から皆さんへメッセージ

私は、家長としてたこ焼き屋を経営しているのですが本当に同業者が少なくなっている現状が否めません。でもだからこそ私が先頭にたってたこ焼き屋を引っ張って行きたいと思っています。

カテゴリー: 職別の特色   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク