「ドライバー」の特徴

タクシードライバーってどんなお仕事?

どんなところで作業をするの?

タクシードライバーがする作業というのは自分が運転する車にお客様を乗せて、お客様が行きたいと言われる目的地までの乗せていくことです。作業の中には、お客様を安全に目的地まで届けるというものがあります。他にはお客様と話をする、お客様に気を使う、安全で丁寧な運転をするなどのことがあります。お客様1人に対して数多くの事をしなければいけないのがタクシードライバーの作業なのです。

どんな人が働いているの?

タクシードライバーをしている人は意外と車に関連しない会社で働いている人が多くいます。タクシードライバー暦数年の人はドライバーをするまえはサラリーマンをしていたそうです。ドライバーは転職者がとても多いのです。最初から車の運転が好きな人は、タクシードライバーではなく、中距離や遠距離のトラックドライバーをしている傾向が強いようようです。タクシードライバーを最初からしている人は、遠出をするのが好きなドライバーではなく自分が住んでいる街を気に入っている人の傾向が強いです。

他の仕事と違ったところって何?

数ある職種の中でタクシードライバーと同様にお客様との距離が近い仕事は幾つかありますが、密室で距離が近いのはタクシーだけです。今でこそ多くのタクシーにナビゲーションシステムが搭載されていますが、無かった時代から働いている人は地理に対して以上に詳しいです。他の仕事と違う所は、普通の人では知らない道を知っているという所です。

This entry was posted in 職別の特色 and tagged , , . Bookmark the permalink.