「軽作業・技術・製造」の特徴

軽作業・技術・製造ってどんなお仕事?

どんなところで作業をするの?

軽作業・技術・製造とありますが、その中で製造について話をさせてもらいます。製造は、工場内で働くのですが、製造したものを加工したり溶接したりします。何人もの人が働いていますが、危険な作業が多いので1人ひとりの間隔は数メートルと広くとられています。

他の仕事と違ったところって何?

現場で働いている人の気質が違います。全ての会社とは言いませんが、一般の会社のように、やらされている感などを感じている人は誰もいません。職場で働いている人、1人ひとりが自分の任せられている仕事に誇りとやりがいを持っていることころが他の仕事と大きな違いです。

軽作業・技術・製造の求人に応募するには?

どんな資格がいるの?

倉庫内の工場には仕事内容により必要な資格は変わってきます。資格にはベーシックなものもありますが、溶接技能者資格は数が多いので働く場所が決まってから必要な資格を取得するようにしましょう。

この仕事をしている人の声

川守勝娯から皆さんへメッセージ

ここには、体験的な感じで始めたのですが、どっぷり嵌りましたね。今では、資格も運転免許と大型自動二輪に手溶接(アーク溶接)と(ガス溶接)半自動溶接の免許を取得しました。もっと高度な資格が必要だと思っています。仕事は大変な時が多いです。体も本当に疲れます。そのお蔭で仕事をしたという実感がわきます。

This entry was posted in 職別の特色. Bookmark the permalink.