警備員の特徴

警備員ってどんなお仕事?

どんなところで作業をするの?

警備員の仕事は働く場所によっても異なりますが、基本的に物や人を守ることを生業としています。それが警備員の仕事です。例えばライブ会場で演者を警護しているのも警備員です。それだけではありません。演者とお客様の間に立ってお客様を統制しているのも警備員です。また、演者の控室に行くまでの通路を監視するのも仕事です。警備員の仕事は多岐にわたるのです。

どんな人が働いているの?

年齢は、若い人から年配の人もいます。男女も関係なくいますが、ライブ会場や基本的に力を多く使われる仕事は男性が多く働いています。正社員として働いている人とアルバイトで働いている人に分けられますが、アルバイトをしている人の中でも何年も働いている人がいます。経歴が長い人の働きは社員となんら変わらないぐらいの働きを見せる人もいます。

警備員の求人に応募するには?

どんな資格がいるの?

警備員になるのに資格は必要ありませんが、場合によっては資格が必要になる仕事もありますので、求人内容はしっかりと目を通しておいて下さい。

この仕事をしている人の声

西藤 一弘から皆さんへメッセージ

短期のバイトで警備の仕事を始めたのですが、思っていたより辛くなかったので短期で終わるはずがもう半年が過ぎています。半年の中で一番辛かったのは雨の日です。雨の日の仕事現場が工事現場であれば、雨天決行なので少しの雨なら工事を行うのです。仕事中に傘をさすことはないので結局はズブ濡れで仕事をしなければいけなかったのが少し辛かったです。

This entry was posted in 職別の特色. Bookmark the permalink.