「焼き師」の特徴

焼き師ってどんなお仕事?

どんなところで作業をするの?

焼き師は、店によってする作業が違いますが、ここで紹介する焼き師は焼き鳥の焼き師です。焼き鳥の焼き師の仕事は串に鶏肉を刺す仕込みから始まります。仕込みの準備が終れば、焼き場の準備をします。これも店によって違いますが、ガスで焼く店もあれば七輪で焼く店や備長炭で蒸すように炙る店もあります。それらの準備をするのも焼き師の仕事です。

どんな人が働いているの?

これをしている人は、本当に美味しく食べてもらいたいと思っている人に限ります。そう思っているからこそ焼く前の工程からしっかり準備をしている人達が働いています。

他の仕事と違ったところって何?

ほとんどの店の多くに言えることなのですが、1つの店に何人もの焼き師がいるわけではありません。数少ない人数なので1人に対する責任感がとても重くなっています。他の仕事と違う所を簡単にいうと責任の重みが違います。

焼き師の求人に応募するには?

どんな資格がいるの?

焼き師になるのに資格はいりません。必要なのは経験です。経験が全てを語ります。初めてでもやる気がある人はその店の店長なりオーナーがOKを出してくれたからすぐにできるという物ではありませんが、練習をしていけば本当のお客さまに出せる日も近づきました。

この仕事をしている人の声

私は、転職して焼き鳥の焼き師になったのですが、本当に毎日が充実しています。今も毎晩のように指導してもらっています。本当にありがたいことだと思っています。

This entry was posted in 職別の特色. Bookmark the permalink.